就活生なのにやる気が出ない。

東京の家に帰ってもう3週間経ちました。飛行機のチケットが安かったので、カナダからわざわざ韓国の仁川空港まで行き、また乗り換えてようやく羽田までたどり着いた。11時間のフライトは相変わらず苦痛だった。

 

今は就活生・・・のはずなのですが、本当にやる気がなくて困っています。自分から積極的にあれこれやる人間ではないので、今のところスツーを着てエージェントに面談に行ったくらいしか何もしていない。自分は他の正規留学生みたいに要領良く短期で就活が終わるとはちょっと難しい。日本語が読み慣れないということもあり、日本語で書かれているサイトであれこれ読んでいるだけで体力が消耗してしまう。このままではうまく進まず無職のニートになってしまうのではないのかとちょっと不安になっている。

 

最近はずっと家に引きこもって自己prやら自己分析やらを下手な日本語で書いたり消したりの繰り返し。なぜ自己prに躓いているかというと、私はカナダの大学でサークルに入っていなかった+仕事で役に立ちそうなアルバイトなどしていない(むしろ一般的に人から見縊られるアルバイトをしていたくらい)。日本の大学生からしたらサークルに入らないのはあり得ない話かもしれませんが、海外の大学のサークルというのは日本とはだいぶ違うのだと思う。私が通っていた大学で大きめのサークルは200人居たりする。それも特に人の役に立つようなことをしているものではなく、週一程度で暇な時たまーに顔を出すくらい。200人いても学期が始まればみんな授業が忙しいので最終的には人が来ない。そして個人的にサークルが嫌いなのは新しい人と会っても結局浅い関係で終わってしまうパターンが多い。結局サークルのことを履歴書に書けるような人はそういうサークルをまとめている学生でない限り何もサークルについて書けないのではないかと思ってしまう。一度私も応募してみたことはある。エッセーを書いて頑張ってアピールしてみたけど、結局雇っていたのは応募すらしていないそのメンバーたちの知り合いだった。最初からコネで入れるなら募集する必要なかったはず・・・すごくカナダらしいやり方だった。

 

唯一大学でしたことは日本の大学に交換留学をしたこと。けど自分はとても内気な性格なので授業に行く以外特に何もしていない。

 

今の目標はとにかく説明会に足を運び、CFNのレジュメを完成させて、落ちてもいいから面接することですかね・・・

 

ちなみに面接に落ちた時に聴く曲はバッチリ決まっている。

 


Lily Allen - Fuck You

 

アニメ「恋は雨上がりのように」Aimer- Ref:rain

f:id:sphenoid_jp:20180219192403j:plain

 

最近欠かさずに観ているアニメ「恋は雨上がりのように」のエンディングをダウンロードした。1話のエンディングが流れた瞬間からフルバージョンが聴きたくて待ち遠しかった。

 

アニメを簡単に説明すると、17歳の女子高生がバイト先の店長(45歳)を好きになるお話。

 

一見やばそうに聞こうえるかもしれませんが、変なアニメではありませんよ!(多分)

 

今このアニメにハマっている理由は自分自身が主人公と同じく年上の男性が好きという共通点があるからかな・・・

 

自分は大学生になってから年上の人が好きになった。最近はその思いが強く、大学で見かける男子には興味がない。友達が大学で「あの人イケメンじゃない?」って言われても共感できなかったりする。

 

世間からイケメンと思われる男性は私が好きにならないタイプのようです。

 

だから基本アイドルとかもハマったことは一度もない。曲は好きなんですけどね!

 

話がちょっとズレてしまいましたが、Aimerの Ref:rainオススメです。

 

よかったら聴いてみてください☆

 

Ref:rain

Ref:rain

  • Aimer
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes 

 


TVアニメ「恋は雨上がりのように」 本予告PV

同居人の彼氏が二週間家に泊まる

同居人が韓国から来る彼氏を2週間泊めてあげたいと言ってきた。

 

Airbnbで部屋を探した結果、値段が高いということで一緒に住んでいる家に泊めたという話だった。

 

部屋を借りるお金がないなら二週間もカナダにいなければいいのに・・・と、つい思ってしまう。

 

一人暮らしなら自分の彼氏を家に泊めても本人の自由ですが

 

同居している家に二週間泊めるというのは気が進まない・・・

  

この家はシャワーとトイレが一緒になっているバスルームが1つしかない。火曜日と木曜日はお互い同じ時間に家を出る。同居人は基本朝にシャワーを浴びるから二人とも次々入られたら確実に遅刻する。そうなると3、4時に寝るわたしは普段よりもっと早く起きて準備するようだ。

 

何でも受け入れてしまう性格もそろそろ直したい。自分が嫌なことはハッキリ断れるような人になりたい。そうしないと自分で自分を苦しめているような気がする。

 

 

リストカット・自傷行為

f:id:sphenoid_jp:20180220125934j:plain

 

カードキャプターさくらの話からいきなり自傷行為の話。でもよかったら読んでください。

 

私の腕には一生消えない傷があります。今までなんどもナイフやハサミで自分の腕・肩・足を切りました。日本語ではリストカット自傷行為、英語ではself-harmと言います。

 

初めて自分を傷つけたのは韓国にいた頃でした。中学一年生の時、父に成績のことでひどく怒鳴られた。言葉や文字では伝わらないと思いますが、とにかく父の怒鳴り方は普通ではないということだけは書いておきます。1時間半くらい怒鳴り続け、それが一旦終わってから部屋に戻り、椅子に座りました。偶然カッターが机の上に置いてあったので、泣きながら手の甲を切りました。

 

不思議と痛みは全く感じなかった。血がポツポツと床に落ちた時にやっと冷静になれた。それからわたしは再び呼び出され、また怒鳴られた。これがきっかけで、父にひどく怒鳴られたり脅されるたび、自分を傷つけるような習慣が身についてしまった。

 

特にひどかったのはカナダに引っ越してからでした。父は何かわたしに不満を感じると指摘し、家では毎日のように怒鳴られた。怒鳴られない日を私は指で数えていた。怒鳴られるたび、頭がズキズキして痛かった。

 

学校では徐々に人を避けるようになった。人と喋る元気もなかったし、怒鳴られた時のことが頭の中でずっと再生され続けた。学校では友達や知り合いにはバレないように振舞っていたが、そろそろ限界だった。なのでお昼休みはいつも美術室に引きこもり、一人で絵を描き続けた。絵を描くことで嫌なことを忘れることができた。

 

 

ある日、こんなこともあった。

 

父はわたしの態度が悪いと言って怒り始めた。怒られている最中にわたしは勝手に部屋へ戻ってしまった。部屋の鍵を閉め、耳にイアホンをつけてボリュームマックスで曲を流した。

 

しばらくすると、何か音が聞こえた。イアホンを外すと、父の怒鳴り声が聞こえた。

 

「このドア今すぐ開けろ!!!!!!!ぶっ壊すぞ!!!!!」と、わたしの部屋の前で父は大声で怒鳴っていた。

 

殺されそうな予感がしたので、怖くて開けられなかった。すると、父が早足でどこかへ行った。しばらくすると、廊下から再び早足でわたしの部屋の前まで来た。

 

これはまずいと思い、わたしはドアを開けた。そこには後ろが尖っている大きなハンマーを片手に持っている父がいた。怒りで顔が真っ赤になっていた。

 

その日、私はとうとう自分の父親に殺されるのかと思った。一応殺されませんでしたが、1時間半くらいしてからようやく父はわたしの部屋から出て行き、わたしはアーミーナイフを使ってものすごい勢いで腕を切った。皮膚の中から白いものが見えた。でも不思議と痛みは全く感じなかった。

 

ティッシュでいくら押さえても血はなかなか止まらない。こっそりトイレに入り、水を傷にあて、しばらく洗い流した。さすがに切りすぎたと思い、バセリンがちょうど部屋にあったので、とにかく傷口にバセリンを塗りまくった。今でも残っている傷だが、一応そのおかげでミミズ腫れにはならなかった。

 

他にもこういう出来事は沢山あった。その度、腕を切った。そうでもしないと冷静になれなかった。

 

日本でもリストカットをされている方は多いでしょう。特に若い学生の方。もし身近にそういう方がいたら、ただ普通に接してあげてください。「どうしてそんなことするの?」という質問はなるべく避けましょう。本人も好きで自分を傷づけているわけではないのです。傷が残り、後悔だってします。ただ状況がそうさせてしまうのです。わたしの場合、「何かあったらいつでも相談に乗るよ」と、友達から言われた時はとても嬉しかった。

 

今のところリストカット(自分の場合はアームカット)はしていない。できれば二度としたくない。今は一人でカナダに来ているので腕を傷つけるようなことは起きていない。もちろん、日本に帰ったら同じことが繰り返されるおそれは十分にある。

 

これからどうするか少しずつ考えていこうと思います。

 

小さい字・読みづらい字=読解力・記憶力が高まる?

f:id:sphenoid_jp:20180111153652j:plain

去年の9月から授業でプリントする資料がやたら多かったので、2枚分のページを1枚に納めてプリントするようになりました。

 

字がかなり小さくなるので読みづらかったのですが、なぜかパソコンで拡大した字や本の通常の大きさの字で読むより集中しやすい上、資料の内容が頭に入りやすい気がしました。

 

グーグルで検索してみたところ、実際そういう効果があるみたいです。

 

hbr.org

www.ncbi.nlm.nih.gov

 

記事を簡単にまとめると

  • 小さい字や見慣れないフォントで文章を読むと、内容が記憶に残りやすい
  • 小さい字で文章を読むと読解力が高まる

という結果です。

 

文字が小さかったり読みづらいフォントになっていると、人はそれを読み取ろうとするので集中しやすいのかもしれません。

 

研究を行った際、学生の年齢や学力に誤差は色々ありますが、効果はあると思います。

 

部屋によしもとばななの「キッチン」があったので、文字の大きさを比べてみた。

f:id:sphenoid_jp:20180111113202j:plain

 

f:id:sphenoid_jp:20180111113207j:plain

 

小さい字を長時間読むのは目に悪いと思いますが、私みたいに読んだ内容が頭に入りにくいという方にはオススメかもしれません。

 

今日は。

f:id:sphenoid_jp:20180102163311j:plain

今日は午後12時半頃に起き、部屋のドアを開けたら紙袋が置いてあった。

 

韓国人の大家さんからの新年のプレゼントでした。

 

中にはLushのハンドクリーム、バディースクラブ、シャワージェル、そして食料品。

 

優しい大家さんに恵まれてよかったなぁーってつくづく思います( ;  ; )

 

 

そして今日は特別に牧師さんの家にお邪魔し、晩ごはんをご馳走になりました。

 

初めてターキーを食べました。

 

なんか、カナダに10年住んでいながらターキーを食べるのは初めてって不思議ですよね。うちの家ではチキンを好んで食べていました。

 

ターキーはチキンと味はあまり変わらなかったです。でもすごく大きかった。グリルするのに10時間も掛かったらしい。

 

食後は牧師さんの息子さん達と話をしながら過ごしました。

 

もう明後日からまた大学が始まるので憂鬱ですが、ギリギリまでダラダラしてようかな。

 

先月雪で受けられなかった期末試験の勉強は気が向いたらやろう。

 

2018年。

f:id:sphenoid_jp:20180111161035j:plain

バンクーバーもやっと2018年になりました。

 

何をしたらいいのか分からなくて、さっきから曲を聴きながらぼーっとしていました。

 

今年は私にとって色々変化が起きる年になりそうです。

 

大学を卒業するだろうし、就活もするだろうし。

 

そして何より、大学が終わったらカナダとお別れすることになる。

 

2008年にカナダに引っ越したので、もう10年になります。当時私は中学二年生。長い間カナダにいたなぁーって実感が湧きます。

 

正直私は好きでカナダに来たのではないので、嫌な思い出の方が多かったです。

 

初めてカナダのpublic schoolに行った時は周りが白人ばかりでカルチャーショックでした。

韓国ではインターナショナルに通っていたから英語で苦労することはありませんでしたが、学校に行くのがすごく嫌でした。

 

高校も微妙、大学1、2年も微妙でした。自分から人を避け、ぼっち生活ばかり送っていました。

 

でも去年日本に留学してから少し元気になった気がします。昔よりは前向きになったというか... カナダから離れ、新しい人たちと出会ったりしたからでしょうか。一応日本に留学して良かったと思います。

 

将来のことで不安はいっぱいありますが、なんとか頑張りたいと思います。

 

明けましておめでとうございます!